■ 月別アーカイブ: 3月 2015

【論壇】音は聴えるが、言葉がわからない!

2015年3月26日 木曜日

 「音の歪(ひずみ)」をご存知であろうか?人の話し声を聴いた時、その話し声の音の大きくなり方や濁り方が変わって感じられ、音は聴こえても言葉がわからなくなる現象で、高齢者難聴の一つの特徴となっている。

 そして、これが内耳動脈などの動脈硬化などによる血液の流れ(血流)の障害により、聴覚細胞の機能障害が起こり、血流が改善すると、この音の歪も改善し得ることも、四~五年前より確認されている。

 この音の歪の度合いは、代表的な音について測定が出来るし、その全体像として五十音を使用した言葉の検査(最良語音明瞭度検査)で判定される。

 この言葉の検査で、正常者は当然一00%だが、両耳共に五0%以下になると、聴覚障害による身体障害者四級に認定され、五年毎に補装具(補聴器)を支給してもらえる。

 補聴器は、音を大きくするが、この音の歪は改善出来ない。数千の個々の聴覚細胞のそれぞれ異なる歪み方の調整は不可能なので改善できないが、しかし補聴器の調整により、改善が全く不可能ではなく、また私共の難聴者の団体「沖縄県難聴福祉を考える会」のメンバーの創意工夫により、その周辺機器をうまく組み合わせることにより、一人ひとりの異なるが、言葉がかなり良くわかるようにできることがあることもわかってきている。

 以上のごとく、高齢化社会に入り、動脈硬化による内耳血流障害による難聴が多くなってきているので真正面よりハッキリ、ユックリ話してあげる必要がある。

 一方、聴きやすい話し手と、聴きにくい話し手とがあるのも事実で、小生などが患者さんと電話で話していると、「何をいわれているのか、良くわからないから、誰かに代わってください!」と云われることが多い。

 これは、話し手の発声法に問題があるからで、殆どの人は自分の周囲の人、特に親の話し方をまねて育ってくるので、発声学的に云えば、殆んどの人が間違った発声になっていることになる。オペラ歌手のように生理的に正しい発声法で話せば、高齢難聴者にも良くわかるようで、小生の発声と比較され、自分自身が如何に間違った発声をしているか、強く認識させられたことがある。

 人と人とのコミュニケーション、特に近年は自己主張をすべき時代にもなっているので、幼児期に基本的な、生理学的な発声のトレーニングを行う必要性を強く感じている。

特定非営利活動(NPO)法人沖縄県難聴福祉を考える会
附属診療所「補聴相談のひろば」
相談医・野田 寛(琉球大学名誉教授)


  • カテゴリー: 論壇
  • 投稿日:2015年3月26日 木曜日

補聴相談のひろば(耳鼻咽喉科)5月診療日

2015年3月25日 水曜日

当会附属診療所「補聴相談のひろば(耳鼻咽喉科)」の平成27年5月の日程表です。
(※平成27年4月28日時点で変更がありました。診察ご希望のかたは確認お願いします)

診療日程表(H27.5)

来診をお考えの場合、電話等にて必ずご予約ください。
予約外だと診察できない場合があります。
(※NPO法人の活動で、急遽休診になる可能性もあります。)

また、初診時(耳の検査、補聴器貸し出しをご希望される場合)の際は、①健康保険証、②お薬手帳または処方箋(お薬を飲まれている場合)、③血液検査の検査結果(お持ちの場合。なくても大丈夫です)をご持参ください。

※初診の場合、詳しく検査・結果説明をしますので、2時間~3時間ほどかかります。

なお、FAXやメールでのご予約も受付しておりますが、すぐに対応しかねる場合があります。
上記でのご予約は、日にちにゆとりを持って問い合わせ頂く事をおすすめします。


【磁気ループ】について

2015年3月5日 木曜日

平成27年3月5日(木)の琉球新報に、平成27年2月8日(日)に開催しました
「北中城村耳の講演会・相談会」の内容を投書していただいた文章が掲載されました。
(投書誠にありがとうございます。)

すでに何件かお電話にて問い合せを頂いておりますが、
当会附属診療所「補聴相談のひろば(耳鼻咽喉科)」にて、
無料で試聴・貸し出しが可能となっております。
個人個人で聞こえに差があります。
必ず試聴してからの購入をご検討ください。

※土日祝日を除く平日10~16時の間。
一般的な耳鼻咽喉科のため、患者様が多い場合、対応ができかねる場合があります。
また、貸し出し数に限りがあるため、まずはお電話にてお問い合わせください。

―――---------------------------------

① 磁気ループは音声信号を磁気誘導アンプを通し、床等に敷設したループアンテナに電気信号として送ります。
ループアンテナ内で誘導磁界が発生し音声磁場ができます。
磁気コイル付補聴器(補聴器の“T”マーク)で音声信号として聞く機械です。

② 磁気ループ(送信機)と補聴器(受信機/磁気コイル付“T”機能があるもの)の2つが必要です。
(磁気ループと補聴器の2つを貸し出し行っています)

③ 使用するには設置が必要です。ループをはった内側のみに作用しますので、
講演会、会議等に有効です。設置自体は簡単です。
「持ち運びをして周囲の会話をサポートする」ということはできません。

・磁気ループに線をつなげ、部屋を囲むようにぐるっと線をはわせる。
(線をおくだけでOK)

・磁気ループのスイッチを入れる

・補聴器をT(磁気機能)に切り替えて聞く

④ 電話用が7,020円。
 TVや小規模な会議などの家庭用が26,000円。(ケーブル38m)

―――---------------------------------


  • カテゴリー: 新着情報
  • 投稿日:2015年3月5日 木曜日
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー