■ 月別アーカイブ: 3月 2018

「第21回特定非営利活動法人 沖縄県難聴福祉を考える会総会」のお知らせ

2018年3月29日 木曜日

「特定非営利活動(NPO)法人沖縄県難聴福祉を考える会 第21回 総会」を開催致します。
今年は那覇市難聴福祉を考える会総会後、続けて行う予定です。

お陰さまにて当会は平成14年2月に設立され今年3月から16年目に入りました。
どうぞ皆様、お友達同士、お誘い合わせの上 多数御参加下さいますよう心よりお願い申し上げます。

【日 時】平成30年5月20日(日)
【総 会】11:00~11:40(開場10:50)
【場 所】浦添市社会福祉センター 3F中研修室
【参加費】無料(参加申し込み不要)
【主 催】特定非営利活動(NPO)法人沖縄県難聴福祉を考える会
    

☆会場には、マイクの音を直接補聴器の中に入れる磁気ループを設置し、必要な方には補聴器の貸し出し(20台有り。販売、レンタル料一切ありません)を致しますので、聴こえに不安のある方もお気軽に御来場下さい。

☆補聴器の販売などは一切ございません。当会はNPO法人で、業者ではありません。

お問合せ:特定非営利活動(NPO)法人
     沖縄県難聴福祉を考える会事務局
     (098)879-3952
.


【論壇】高齢者難聴の放置がもたらすもの

2018年3月27日 火曜日

 日本の認知症の八割は、高齢難聴の放置によると、九州の数施設で実証されて来ている。

 高齢化社会が進行、高齢難聴者が増加している。七十歳以上で約半数が、九十歳以上で殆んどが難聴となる。個人差はあるものの、殆んどの人に起る。

 高齢化率が二十%を越した我が国では、高齢難聴者は全国で千五百~二千万人、当県で十五~二十万人と推計される。このうち、適合補聴器が得られているのは、全国で十~二十%、当県で五~十%、従って大部分の高齢難聴者は聴えないままでいるので、このうちの三~四割、全国で千五百~二千万人、当県で十五~二十万人がコミュニケーション障害より、社会・家族より遊離・孤立、精神的動物の人間は生きがい、生きる意欲を失い、閉じ込もり、寝たきり、認知症などに落込り、要介護状態となる。即ち、これら難聴者の三~四割、全国で四~五百万人、当県で四~五万人が要介護状態にあり、個々の家族で面倒をみる状態でなくなりつつある現在、地域社会か、国が面倒をみることになるので、増税にならざるを得ないし、国債も増えて、次の世代に迄、負担が及ぶことになる。

 この高齢難聴者の大部分は、耳の血管の動脈硬化による音を感じる細胞の障害なので、食事のコントロール、運動の励行により、予防が可能であり、百歳を越しても補聴器不用に出来るし、停止も可能で、同じ補聴器を使うのでも、基本的な聴えが良い方が、補聴器を上手く使えるので、これも重要である。

 “音は聴えるが、言葉がわからない”が高齢難聴者の特徴で、これも耳の血管の動脈硬化による血流障害で、音を感じる細胞に充分血液が流れて行かないため、機能障害を起し、音の大きくなり方、濁り方が変わる。これは測定可能で、正常の人が「1」大きくなったと感じるのが、二~三倍、場合によっては五~十倍となり、音がストレートに入ってこないため、話し言葉の理解力が悪化する。この全体像は言葉の理解力の検査にて、五十音を使って、何%理解出来るかを検査する。

 この音の歪みも、食事のコントロール、運動の励行により、内耳の血液の流れが改善されると改善し得る。

 この啓蒙活動はすでに二十年以上前より、行われているが、殆んど衆知されず、効果が挙がっていないのは何故であろうか!?
県民は当然、特に高齢難聴者、その家族はこれを熟知し、対応すべきである。

特定非営利活動(NPO)法人沖縄県難聴福祉を考える会
附属診療所「補聴相談のひろば」
相談医・野田 寛(琉球大学名誉教授


  • カテゴリー: 論壇
  • タグ:
  • 投稿日:2018年3月27日 火曜日

補聴相談のひろば(耳鼻咽喉科)4月診療日

2018年3月19日 月曜日

当会附属診療所「補聴相談のひろば(耳鼻咽喉科)」の平成30年4月の日程表です。

【 診察日程表(H30.4) 】

来診をお考えの場合、電話等にて必ずご予約ください。
予約外だと診察できない場合があります。
※NPO法人の活動で、急遽休診になる可能性があります。

また、初診時(耳の検査、補聴器貸し出しをご希望される場合)の際は、①健康保険証、②お薬手帳または処方箋(お薬を飲まれている場合)、③血液検査の検査結果(お持ちの場合。なくても大丈夫です)、④補聴器(お持ちの場合)をご持参ください。

※初診の場合、詳しく検査・結果説明をしますので、2時間~3時間ほどかかります。

なお、FAXやメールでのご予約も受付しておりますが、すぐに対応しかねる場合があります。
上記でのご予約は、日にちにゆとりを持って問い合わせ頂く事をおすすめします。

電 話:098-879-3952
FAX:098-879-4811


補聴相談のひろば(耳鼻咽喉科)3月診療日

2018年3月12日 月曜日

当会附属診療所「補聴相談のひろば(耳鼻咽喉科)」の平成30年3月の日程表です。

【 診察日程表(H30.3) 】

来診をお考えの場合、電話等にて必ずご予約ください。
予約外だと診察できない場合があります。

※NPO法人の活動で、急遽休診になる可能性があります。

また、初診時(耳の検査、補聴器貸し出しをご希望される場合)の際は、①健康保険証、②お薬手帳または処方箋(お薬を飲まれている場合)、③血液検査の検査結果(お持ちの場合。なくても大丈夫です)、④補聴器(お持ちの場合)をご持参ください。

※初診の場合、詳しく検査・結果説明をしますので、2時間~3時間ほどかかります。

なお、FAXやメールでのご予約も受付しておりますが、すぐに対応しかねる場合があります。
上記でのご予約は、日にちにゆとりを持って問い合わせ頂く事をおすすめします。

電 話:098-879-3952
FAX:098-879-4811


最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー